アセット・アロケーションをすることでリスクヘッジをする

投資はリスクを伴います。残念ながら、リスクを無くして利益を出すことはできません。それが出来るのであれば、お金を無限に存在させなくてはならないので、そんなことはできません。だからこそ、損をする時もあるし、利益を出すこともあります。これは、会社が新規事業を立ち上げる時と似ています。

絶対に成功するなんてことは誰にも分かりません。しかし、やらなければ何も始まらないのです。投資に関しても同じことが言えるのですが、それでも会社の事業に比べると柔軟に対応することができます。投資先の商品には様々なものがあります。株券や国債、外国為替や不動産などが代表的なものでしょう。

これらに資産を分散することにより、リスクヘッジをすることが可能となります。資産を他分野の投資先に分散して投資することを、アセット・アロケーションと呼んでいます。アセット・アロケーションを実現させるには、個人の力では不可能に近いです。

株券や不動産などはかなりの資金が必要で、それなりに資金に余裕がある人で無い限り、リスクを分散することが出来ないのです。それを達成させるために存在するのが投資信託です。投資信託は、一般投資家から資金を集めてそれをプールし、莫大な資金をつかってリスク管理をしていきます。

だからこそ、投資家は投資信託を利用することが多いのです。投資に伴うリスクを考慮に入れることにより、リスクヘッジをしなければなりません。ここをしっかりと把握すれば、自分の資産を有利な方法で運用することができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ