アンブレラ型投資信託を使うことでライフプランにあわせて変更できる

投資は難しいもので、難易度が高いことからも敬遠されがちな傾向にあり、日本ではそれが顕著だと言われています。日本の全資産のうち、貯蓄の金額が6割を占めているという結果が出ています。つまり、多くの国民がお金を貯め込んでいるということです。

これはデフレの原因になり、企業が衰退する原因にもなるので、国を成長させるためにはどうにかしなければならない課題です。
そこでNISAを導入して、投資へ目を向ける作戦などを実行しています。そこで大事になるのが、運用をどうするかという点です。

投資はリスクを伴いますし、何も勉強していない人がいきなり利益を取ることができるほど、甘い世界ではありません。むしろ一瞬で損失を出してしまう可能性があります。資産運用は慎重にならなければいけませんし、できればプロに頼むという手段を行なうべきなのです。

そこで、投資信託という選択肢があります。これらは投資のプロが一般投資家に代わって資産運用をしてくれるのです。投資信託には無数の種類があり、自分のライフプランに合った方法を選択することができます。

その大元と契約することで、サブの投資信託を選ぶことができるようになり、この方法をアンブレラ型投資信託と呼んでいます。アンブレラとは傘のことで、傘のように芯があり、そこから無数に散らばったサブファンドがいるというイメージを持つと分かりやすいでしょう。

アンブレラ型投資信託は、日本においては主流になりつつある仕組みです。投資を始める人であれば必ず目にすることになるので、事前に知識として取り入れておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ