資産運用において委託者の役目を果たす運用会社の重要性とは

投資信託は、証券会社などの販売会社、投資家の他に、投資家である受託者と委託者という4者で成り立つ仕組みです。受託者が投資家から資金を集めて、それをプールし、その莫大な資金を使って運用をするのです。

委託者は運用の指図をする役目を背負っており、この役目を担っている人は、相場に忠実でなければなりません。なぜなら、信託目的の設定や財産の移転を受託者に対して行うので、運用を任せることが出来ないと言われてしまうのです。

信託の仕組みにおいて、委託者の存在が、つまり運用を代行する会社がとても重要だと自覚しなければなりません。投資の世界には奥深さがあり、それは何事にも上級者がいるのと同じ感覚でしょう。スポーツの世界と似ているとよく表現されます。
ただし、スポーツのように投資は誰がやってもすぐに上達することはありません。

そして、この分野ほど初心者が上達することが難しいものはないかもしれません。特に言われてわれていることは、プロにしかできない技というものがあり、それを使うことでしか運用はできないとまで言われています。プロが指図する事で上手くいくため、委託会社はそうした技術を持ち合わせておく必要があるのです。

そしてその技術とは、経験を積んで時には勘を働かせて結果を残してきたといえます。運用会社は、いかにこの経験豊富な社員を持つかが重要です。また、資産運用をまかせる投資家にとって、他の3者がしっかり資産を守ってくれる仕組みが投資信託のメリットといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ