インカム・ゲイン目当てで資産運用をする投資家もいる

日本人が投資商品として最初に思い浮かべるのは株でしょう。テレビのニュースや新聞では1日の値動きなどが表示されたり、解説したりと身近に感じる金融商品です。投資をする人も多い一方で、国としても株に投資をしてもらいたいと感じているのです。株に資産が向くと、企業はさらに大きな設備投資をすることができます。

すると、人のためになる製品を多く作ることができ、結果として国が豊かになります。
一般国民が資産を貯蓄に回してしまうことは、国を衰退させてしまう原因になります。だからこそ、国としては資産を株に回したいのです。さて、投資家の多くが株式を購入することがあります。

それは資産運用を目的としているのですが、優待制度や配当などを目当てにすることもあります。これはインカム・ゲインと呼ばれるもので、実はこの方法をどのようにして考えるかが重要です。

配当等は、指定された株を保有していることで発生します。その企業の業績が悪ければ何も起こりませんし、よければ多くの収益を上げることができます。売買益ではないので、そこまで期待できるほどの金額ではありませんし、おまけというような雰囲気で貰うことのほうが多いのです。

債券からの利子や証券投資信託における利益配当金などが、インカム・ゲインに当てはまります。もし株を持つ場合には、配当が付くのかどうかというのを考えてみるのも良いかもしれません。持っているだけで貰える権利があるので、投資の世界に詳しくなくても、とりあえずは問題ありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ