内枠方式かどうかで投資信託の手数料が込み込みかを知る

初心者の投資家が頼るのが投資信託です。ファンドマネージャーが資産運用をしてくれるので、初心者と比較すると利益を出す確率が高いということで信用されています。しかし、調べてみると投資信託会社がとても多いことに気付きます。そして中身の種類も豊富なので、どこを選べば良いのか悩んでしまう人もいるほどです。

多くの場合は、自分の資産とライフプランなどで考えることが重要です。
保険会社と連携している場合もあります。年金保険などはその一例であり、保険金を積立して、それを資産運用します。その成績に応じた年金が満期に支払われるというものです。

これは、通常の保険とはだいぶ考え方が変わっていることで有名です。様々な商品が投資信託会社からは販売されているので、そこを選ぶところから始まります。選び終わったら、いよいよ運用です。

ここで重要なのが手数料です。投資信託は資産を渡すだけではなく、もちろん手間賃を貰うことで利益を出しています。ということは、その手間賃を支払わなければいけません。販売手数料が申し込み金額に入っている場合を内枠方式と呼びます。もしも入っていない場合には、外方式と呼んでいます。

手数料などをあまり確認しない人もいますが、こうした部分は後々のトラブルになる可能性がありますので、しっかりと見ておくようにしましょう。

投資信託をする場合には、必ず手数料が発生します。そこを把握しておくことで、うまく投資信託と向き合うことができるようになります。一般投資家が頼ろうとする投資信託には手数料が発生しますので、把握しておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ