外国投資信託に預けることで資産を増やすことが可能

金融市場は何も日本だけではありません。グローバル化が進んだ今日では、世界経済が自国に与える影響は無視できるものでは無くなってきました。それは先進国だけではなく、新興国においても同じようなことが言えます。円とそれらの国の通貨の価値のバランスを見て動くことが、自国を成長させるのに必要不可欠なのです。

つまり、海外の経済成長が自国にとってプラスになることは大きいので、海外の株式市場や為替レートなどは常に参考にされています。
海外にも株式市場があるということは、日本から海外の株式を買い、資産運用をすることもできる訳です。

これを個人で行うのは手間もかかりますし、言語が違いますのでややこしいと感じる人もいます。そこで投資信託の登場です。投資信託には外国投資信託専門もいます。海外の株式に投資するには最低でも数百万円単位の金額が必要になるのですが、投資信託であれば5万円程度から投資をすることができます。

そして、海外のヘッジファンドなどは運用率が高いことでも知られており、そして自分が良いと思ったファンドへ投資することが可能です。運用成績だけが全てという訳ではありませんが、日本の投資信託に比べれば明らかに運用成績は良いと言われています。しかし、安全性という点ではいささか疑問が残ることもあります。

そういった面も含めて、投資は事前の情報収集が必要になってくるのではないかと考えることができるのです。最初から資産を増やすことはできませんし、失敗もするでしょう。個人で行なうよりは確実に損失を抑えることができるのが、投資信託です。プロに任せるのが良いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ