買い取り請求は解約請求と同じく換金する方法である

投資家が投資信託に資産を預けている時に、急遽お金が必要になることもあるでしょう。そうした時には、解約すれば換金することができます。それがオープンエンド型になっている場合は、いつでもお金を換金してもらうことができるのですが、クローズエンド型だと、それができない場合があります。

そうした場合には、手数料がその分安くなるなどの関係はあるのですが、それ以上に大切な要素もあります。
換金方法の中でも主流ではないものとして言われているのが、買い取り請求です。これは、資産を販売会社に買い取ってもらう方法になります。

税制上ではどちらも所得税として支払わなければいけません。ただし、買取のほうを選択する投資家はそこまで多くはなく、多くの投資家は解約請求をすることのほうが多いです。クローズド期間の本来は換金できない場合においても、途中換金を実施することができるというのが良い点です。

この2つの方法に共通する点としては、損益通期をすることができるという点です。つまり、所得税の計算の時に、損益を利益から差し引くことができます。その利益分に税金が発生するという考え方です。

この考えを持つことにより、最初からどのような方法で資産運用をしていくべきかを知ることが可能になります。しかし、この方法を考えることはプロでも難しいとされているので、注意が必要です。

本来投資は、自分の資産の余裕がある分を使うべきです。つまり資産が無いのに投資をしても逆効果になりかねません。その認識を大事にしておくことで、投資で失敗をすることがなくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ