株式投資信託は馴染みのある株式を対象とした投資をする

投資の中で一番人気なのが株への投資です。企業を応援するという目的で行っている投資家も多いように、株券を資産を使って購入することで、企業に資金を貸すことができます。それを使って設備投資などをして、企業は長年続けるような財力を蓄えるのです。それをすることで、国は繁栄を続けられます。

日本では日本の株式が有名ですが、海外の株式ももちろん購入することは可能です。日本で販売されている株を中心にして資産運用をする集団を、株式投資信託と呼んでいます。この企業ではリスク分散を株というもので行うことにより、よりハイリスクハイリターンを打ち出すことが可能となります。

ライフプランや自分が投資できる金額により、さらに細分化された商品を選択することができます。一番のメリットとしては「投資資金が低額で済む」という点です。
投資はお金がかかります。それは間違いではありません。

ですが、この問題を考える時に大事になるのは、どこに投資をして、どれほどの期間運用するのかという点です。株は長期的な投資をする場合には、ちょっと疑問が残るかもしれません。今後30年間で、どれほどの企業が倒産するかは不明です。しかし、資産運用をしていた企業が倒産するということも十分に考えられるわけです。

そういったリスクがあるという点においても、知っておく必要があるでしょう。
とはいえ、それを考えていては銀行にお金を預けることも困難になります。リスクをどこまで許容できるのかが、投資家には問われているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ