グロース型ファンドは手堅い運用をすることで知られる

社会的に信用が高い企業ほど、長年運営を続けることができます。30年以上続く企業は6%程度だと言われるほど、会社を運営していくことは難しいのです。信頼性がありこれからも長期的に成長が見込める企業にのみ投資をして、資産運用をしていく投資信託のことを「グロース型ファンド」と呼んでいます。

高い成長率を維持することが出来ると見込める企業にのみ、フォーカスすることが特徴です。こうしたことを大々的に取り上げている投資信託は、残念ながらありません。目論見書を自分で見ることにより、その投資信託がどんな取引を専門としているのかを把握することができるでしょう。

例えば、21世紀に成長が見込める企業を積極的にチョイスしていく等の記載があった場合には、グロースチョイスをしていると思ってもらって構いません。どんなスタイルにするのかは相場での判断になりますので、あまり断定をすることができないのです。

しかし、グロース型ファンドは博打のようなことはしないので、安全に資産を増やすことができるのではないかと注目されています。それだけどのようにして少ないリスクで投資家が管理することができるのかという点において、注目されるようになってきています。

普段はあまり考えることのない資産運用を、プロがしてくれるという時点でありがたいことです。しかし、それでも疑念を感じることはあるでしょう。それだけ資産運用は、利益を出すのが難しいという訳なのです。高い成長率を維持することができる企業にのみ投資をするスタイルは鉄板です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ