クローズド期間を採用することで資金を確保することが可能

個人投資家の中には、資産運用をしたいと思っても最初はちょっと難しいと感じる人が多いです。しかし、それをどのようにして防ぐのかというのは、とても難しい問題です。投資のプロとも呼ばれるファンドマネージャーを利用して、資産運用をお願いする人もいます。

投資信託は資産運用のプロとも言われますので、その実力を信用して自分の資産を預けるのが基本的な考えです。
しかし、それでも難しいと考える人もいることでしょう。どこまで投資信託の実力を信じることができるのか、それは人それぞれ考え方が違います。

しかし、クローズド期間を設けている投資信託のほうが有利なのは確実です。クローズド期間とは、投資家が資金を換金することができない期間のことを指します。
投資家が投資した資金を簡単に換金されてしまっては、プールをしているファンドは、安定した資金を確保することができなくなります。

市場では大金を持っていることがどれほど大事なことかを、ファンドは知っています。大金が時には強い武器になることもあるからです。そこで、クローズド期間を設けることで、資金を安定的に確保することが可能となるのです。

最初から何事も上手に行くことはできませんが、投資信託でも同じです。未来を予想して投資をするということに関しては、誰でも同じです。リスクをどこまでヘッジできるのかが問われているのです。それを安定的に利益に変えることはとても難易度の高い仕組みになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ