契約型投資信託は主流な形態のひとつとして数えている

契約型投資信託とは、通常の投資信託の提携の流れでもあります。信託会社が投資家から資金を受け取り、その預け入れとなっている信託銀行との間で契約を結び、資産運用をする投資信託のことを指します。株式投信などの場合はほとんどが、契約型投資信託とされています。

契約という言葉を付ける必要は本当は無いのですが、投資法人と区別をするために利用されていることがほとんどです。
投信は、種類も商品数も多いことで知られており、これらを全て把握することは、恐らくプロでも難しいとされています。

それを一般投資家が全てを把握するなんてことはできませんし、難しい問題です。そうした中でも、覚えておかなければいけないのが「投資信託の種類」です。上記のように、株式投資信託などのような主流の運用方法においては、どういった特徴があり、どんな欠点があるのかなどを考えておかなければいけません。

それは思った以上に簡単なことではありませんし、難しい問題を抱えることにもなります。ですが、それをどんな風に捉えることができるのかが大事になるのです。資産運用を任せる企業を決めるのですから、一般投資家は詳しく知るべき課題です。そこを把握しておかないと、後々トラブルの原因になることも考えられます。

クローズド期間があるのを知らずに、資金を換金したいと言っても、難しいものです。投信の流れなどを最初に理解しておかなければなりません。そうすることにより、資産運用の流れを確保することができますし、自分に合う方法で投資をすることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ