資産保管会社は法人の資産の保管をすることがメイン

投資法人の資産の保管に関わる業務をする企業のことを、資産保管会社と呼んでいます。通常は、そこ自身の持つ資産と、代理で投資家から受け持つそれは別に保管して、明記しなければいけない決まりがあります。一時的ですが相手の財産を預かるので、その部分に関してはしっかりとまとめておかなければいけません。

さて、資産運用は誰でも達成可能というものではありません。
そして資産運用は初心者が行うには不安もわからない事も多く、リスクが高いものです。そのため、簡単な方法で運用するのが、プロに任せるという発想でしょう。

それが投資信託であり、投資家が財産を手元におかずに世の中にお金を出してくれることは、企業にとっても国にとっても経済の活性化の一因にもなり、嬉しい事なのです。もちろん、個人側も投資をして財産を増やすメリットもあります。

その投資信託は、2つのグループに分けることができます。投資家から資金を調達して、そのお金を使って資産運用を行う受託会社と、投資法人です。運用をメインの業務とする企業を設立して、その株を投資家が持つものとして運営しているものがあります。

この業務を受け持つ場合には、財産などの保管を第3者が監視する必要があります。流用されてしまっては大きな不正に繋がる可能性があるからです。資産保管会社はまさにそうした大事な役割を担っていることになります。投資をするために、預かったものを保管するのですから責任は重大です。強度なセキュリティーを引くことにより、信頼性を高めているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ