投資信託における取引にシステム運用を用いることで人的ミスを防ぐ

投資信託では、ファンドマネージャーの指図を受けて、為替や株などの取引をして利益を出していきます。そこに発生する金額は、非常に高額な事は知られています。相場というものは、集団心理の作用により未来を形成していくのです。

そこには人の考えや心理的な要素が大いに影響しますが、人の勘や予想だけで利益を追求することは不可能です。
取引するのが人間であれば、そうした予想の根拠を出したり、予想のハズレの発生をどのようにして排除するのかをファンドマネージャーは考えていました。

そしてそれは、時代の変化とともに達成可能となったのです。それがシステム運用です。ビッグデータ等を活用することで、過去の指標やチャートの動きなどから、未来にかけて利益を出せそうな場所にフォーカスして取引をすることが可能になってきたのです。

これをすることで、もうひとつ人的なミスを防ぐことができます。それは、人間の思考を相場に持ち込むことです。ある程度事前に決められたシナリオ通りに取引をして運用をしていきますので、あらゆる過程で発生してしまう可能性のある、人に起因するミスを防ぐ事が出来るでしょう。

だからこそ、システム運用は非常に重宝されており、現在では多くの投資信託で販売されるようになってきました。人によっては損失を大幅に出す可能性もある資産運用ですが、最近はハイテク技術を駆使することにより、今後は個人でも利用できるようなシステムへと生まれ変わってきているといえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ