実績報酬は成績が良ければ報酬が入るという仕組み

投資信託は、投資家から貰う手数料を利益として計上するのですが、それだけではありません。投資信託が販売する商品によって異なるのですが、運用成績が良ければ、それに見合った実績報酬を貰う仕組みもあるのです。投資家は投資をして利益を出したいが、ノーリスクでは無い事に不安をいだいています。

自分の大切な資産が減る可能性があるので、当然でしょう
この報酬は、どれだけの実績を持つことが出来たのかによって大きく異なるので、一概に素晴らしいということは言えません。

しかし、ここをどのようにして取り組むことができるのかによって、その存在自体が大きく変わる可能性が残されているのです。普段は、目論見書をあまり詳しく見る投資家もそこまではいませんが、この部分だけは注意しなければなりません。

投資信託にとってみれば、この実績報酬はモチベーションアップに繋がる大切なものです。投資家という部分から見たならばあまり関係の無いことかもしれませんが、報酬が手に入るというのは大きいのです。ボランティアで一般投資家の資産を運用している訳ではありません。

商売として仕事をしているので、それに見合う対価を貰うことは投資ファンドであっても当然あります。そして、このような報酬を貰うことができれば、モチベーションは飛躍的に上がりますし、今後の活動についても考えをしっかりと持つ事ができるようになるので、この仕組みを取り入れているファンドも増えてきているのでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ