シティグループ世界国債指数は世界の債券のインデックスを決める

投資信託の商品の中には、国債も含まれており、海外のものを取り入れることにより、リスクヘッジが可能です。海外債券は思っている以上に高額になることが多いので、多くの場合が積立投信としての機能になります。そこで使われる指数がシティグループ世界国債指数というものです。

これは日本以外の国際の合計パフォーマンスを示す値になっており、現在、世界の主要な国債がどんな位置にいるのかを数値化したものになります。
ファンドマネージャーなどは、こうした数値を利用して、投資をするべきか控えるべきかを考えています。

判断をどのようにして感じることができるかというのが、とても大事な点になります。一言で言ってしまえば、シティグループ世界国債指数は世界の各国の価値がどの程度あり、それにより収益を出す可能性があるのかないのかを判断する指数になるというものです。

一般投資家にとっては、あまり意味のあるものではありません。海外債券を使って自分で取引をしたいという場合でも、自由に利用することは可能です。そうしたことも念頭に入れて、海外債券を取引できるような環境になっているのです。ここを間違えると大変なことになりますので、注意する必要があるでしょう。

海外での取引の際にはこうした取り組みを理解しておく必要があります。
しかし、投資ファンドに任せる投資家にとってみれば、言葉の意味を軽くでも良いので把握しておくだけで問題はありません。海外への投資を考えることが無い人であればなおさらです。上級者向けの投資方法という訳です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ