収益分配金を貰うことを投資家は目標としている

投資家は、インカムゲインもキャピタルゲインも欲しいと願っています。株に投資することで、大本の値上がり益だけではなく、配当金などを得ることができます。配当金等のことを収益分配金といい、通称はインカムゲインと呼んでいます。これらは、投資信託においても同様のことが言えます。

投資信託は資産を預かって、それを使って運用をします。それにより利益が出た場合には、当然投資家に配当していかなければなりません。
1年に1回や月1回などの単位で、分配金を直接現金で支払う投資信託が基本のパターンとなっています。

中には分配をすることなく、それをさらに資金として運用をするところもあります。こうした場合には、さらに株などが値上がりしたときは利益を得るのが多くなってくるのです。利益を得る特長をしっかりと理解することにより、比較的誰でも容易に得ることができます。

この配当金を狙って、投資信託に資産を預ける人も多いです。また、自分で行うことに抵抗感を感じる場合に考えなくてはいけないことは、最初から何でも上手にはいかないという点です。失敗してもそれは仕入れということで踏ん切りをつけるしかありません。そこには強い意志が必要でしょう。

収益分配金は、そうした忍耐が結果として表れた人がもらえるものです。一般投資家は、自分の資産を預けたいと願っており、それを使って、運用の達人のような人に是非ともしっかりとサポートされたいと思っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ