受益者とは投資を依頼した投資家のことである

依頼主が利益を出して、それを投資家に配当することを収益分配金と呼び、それを受け取る人を受益者と呼んでいます。これはただそれだけの構図になり、何も難しいことはありません。「飴玉を生徒にあげ、それを生徒は喜んだ」、ただこれだけのことです。飴玉をあげた人が依頼主であり、受け取った生徒が受益者です。

飴玉を貰ったことでとても喜んでいます。こうしたたとえを入れることにより、すんなりと理解をすることが可能となります。投資をした人は、利益を得ることを目的としており、利益が無ければ何も意味は無いからです。
しかし、この部分に関しては難しい課題を考えている人も中にはいます。

そこをしっかりとはっきりさせなければ、何も意味は無いのです。投資によって利益を出すことは簡単なことではありませんし、プロでも6割は負け越すとの結果が出ています。それでも利益をトントンかそれ以上にするには、相当な訓練と相場観が無ければ達成することができません。

受益者という立場からすれば、利益を貰う立場になります。自分が投資をした訳でもありませんので、貰えるものはそこまで多くはありません。ですが、自分が投資する以上の成果を受けることは間違いありません。そうした意味においては、投資信託はその人にとって、とても重要なものであることは間違いがないのです。

投資は難しいものですが、まずはそこを把握することで成長することができるようになるのです。依頼主が利益を出すことができればよいのですが、そこを選ぶのは投資家の仕事です。そこを間違えないようにしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ