償還は必ず守らなければならないものとされている

償還とは、投資信託が、運用期間終了後に預かった資産を投資家に返却することを指します。これは、何があろうとも守らなければならない大切なものです。簡単な話ですが、借りたものは返さなければいけませんし、お金も物も結局は同じことがいえます。

投資家から預かったお金ですから、それを返却しなければいけないというただそれだけの話で、難しく考える必要はありません。投資家は、自分のライフプランに合わせてどんな商品が良いのかを決めるだけで良いので、後は、投資信託に任せることでどうにでも変更することはできます。

借りたものを決まった期間で返す行為に発生するトラブルの代表的なものとして、ゴルフ会員権の預託金償還問題というものがあります。

これは、預託金会員制のゴルフクラブというものが存在し、ゴルフ場をつくるときに新規会員募集とともに預託金を集め、入会金以外は契約時に決めた期間で会員に返金の義務があるのにも関わらず、お金を返すことが出来ないトラブルを指します。

ゴルフ場経営は、景気が下がってしまうと、それに伴いゴルフ会員権の価値が下がり、利益が十分に出ていない場合には返金が多くなり資金が回らなくなり倒産してしまうケースがありました。その場合、裁判でもしない限り、会員にお金が返済されないパターンが多いという事で社会的な問題となっています。

また、社債の満期や買入償還となると、その言葉の難しさからか簿記の仕訳問題に良く出題されます。2段階に分けて考える必要があり、償却原価法で社債の簿価を額面の金額にした後、返済処理の仕訳を行うのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ