信託財産は投資信託が保有する資産ということになる

投資信託は、投資家から集めた資金をプールし、それをひとまとめにします。そして、その膨大な資金を利用して運用をします。その成績によってインカムゲインを配当するということで、投資家に還元します。

自分で行うよりも少ない配当になるかもしれませんが、それでもリスクはそれほど高いものではないので、投資信託を利用する人は多いのです。これを背景にして、自分でリスクを冒すことをあまり得意としない人が、資産運用をする投資信託という商品が登場したことになります。

投資信託は、投資家から頂く手数料や実績報酬などで利益を取っています。預かった資産は自社の利益になることはありません。公平を維持するために、預かった資産は第3者の預かり機関へ移動することになりますが、それ自体は特に大変なものではありません。

比較的簡単に、そしてスムーズに移動させることができるのです。むしろ投資家から預かった資産は、取引をするのはファンドマネージャーが指図する集団になります。
信託財産は投資家から預かった資金ということになりますので、自社の資金と間違えないようにしておく必要があるでしょう。

財産と書かれていますが、これは自社のものではなく、受益者のために処分や管理をすることが任されているものになります。信託銀行に資産を預けることが一般的ですが、運用会社がその運用に関しては権限を持っていることになるので、結局は投資信託の資産のような働きを持っているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ