単位型投資信託は現在では古い考え方になっている

投資信託には、違った考え方をする取引が存在しますが、それは単位型投資信託と追加型投資信託です。これは似ているようで性質は全く違うので、注意しておきましょう。特に、追加型投資信託のほうは最近ではメジャーになってきており、一方の方がどちらかというと、時代遅れのようなニュアンスになってきました。

どちらを選ぶにしても、別に何か問題がある訳ではありません。とりあえずの考えとして考慮に入れておくことが重要です。
では、単位型投資信託とはどういった考え方を持っているかというと、これはある一定期間の間でしか投資信託を購入することが出来ないというものです。

そうすることにより、資産を安定して投入することができます。計画を立てやすくなるという意味合いが強いことが言われています。この方法を利用することにより、普段では損失がでるようなことが考えられる場面でも、強気の姿勢を崩すことはありません。

そうした利点もあるのですが、新規参入者が入りにくい環境が作られているのではないかと疑問の声も挙がるようになりました。そこで急遽考えを変更することにしたのです。

利益を出すにはどのようにして考えることができるかについては様々な意見がありますが、数年前からは、追加で加入できる投資信託のほうが人気になってきました。そうした意味もあり、この問題が取りただされることになったのです。単位型の場合はどうしても狭き門になってしまい、投資家が懸念を出す場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ