騰落率が安定しているほうが信頼度は高くなる傾向に

投資信託では利益を出すことが最優先です。投資家の資産を預かりそれで売買をしている訳ですから、当然のことです。しかし、投資に絶対はありません。未来を予想するので外れることのほうが多いです。そこをどのようにしてリカバリーするのかが求められます。

普段ではあまり考えることができないであろう課題に関しても、真摯に受け止める姿勢というのがとても大事になるのです。リカバリーをどのようにして考えることができるのかが課題になります。未来の相場を予想するのですから、その差というものを考慮にいれておかなければいけません。

そこで、ファンドの価格基準がどの程度変わったのかを示すのに騰落率というものを利用します。例えば、ファンドが保有している商品が100円から105円に値上がりした場合は、5%の上昇になります。逆に100円が90円になったならば10%の下落です。

株式や債券などは、1日の騰落率を出すのが基本的な考えになります。これはかなり大事な数字です。これがどの程度変わったのかということで、資産がどの程度になったのかを把握することができるでしょう。

投資家は資産運用を任せるのですが、それでも不安は尽きません。ちょっとしたことで株価などは変わりますので、その変化を固唾を呑んで見守っている人も多いのです。

騰落率を知ることで、どの程度の価値になったのかを把握することができます。しかし、先は長いです。長い目で見てどうなるのかというのが、投資をする上では欠かせないルールになっています。この部分を把握しておかなければ何も意味がないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ