ノーロード・ファンドはとてもお得に契約できるのが魅力

投資信託にお金を預ける場合には、必ず手数料が発生します。これは利益になるので、投資信託としても必要なのです。しかし、その手数料を頂かないファンドも存在します。それがノーロード・ファンドと呼ばれているのです。通常であれば、運用会社が資産をファンドマネージャーの指図によって運用していきます。

会社ですから、当然利益がなければ生きていくことができません。そのため、手数料を貰います。一方のノーロード・ファンドでは、ファンドマネージャーが自ら投資をします。指図だけではなく自分で行うことで、運用会社の手数料を貰うことなく、運用をすることができるのです。

当然、報酬金などは受け取ることになっていますが、それでも投資家からすれば大きな負担減です。こうした仕組みがまだまだ実践されているということは、嬉しく感じる人は多いです。それだけ、この仕組みは投資家にとって指示されるものになっています。

一般的に、この投資信託商品はあまり販売されていないのが現状です。誕生がちょっと遅れていたということもあります。そのためこれからという面もありますが、それでもブームというのはすごいもので、多くの人がこの商品を求めることになってきているという現状があります。

それは素晴らしいことでもありますので、しっかりと把握しておかなければなりません。ノーロード・ファンドは、今後も拡大が予想されています。手数料が発生しないというのは、それだけで投資家からしてみれば嬉しいものです。そこをよく理解しておく必要があるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ