Nomura-BPIを参考にしてベンチマークなどをしている

日本の株式市場は世界の投資家が参加するなど、世界的に規模が大きい市場として知られています。その為、株価というものは毎日めまぐるしく変わりますし、売買代金も莫大な金額にのぼります。こうした環境が毎日のように続いているため、価格の指数というものを表現することが難しくなりました。

しかし、投資信託などがどの程度の運用成績であるかを示すためには、ある程度の指数を把握しておかなければいけません。そこで、日本の債券などの価格指数を出すことが必要になったのです。そこで用いられているのがNomura-BPIで、これは「ノムラ・ボンド・パフォーマンス・インデックス」とも呼ばれています。

野村證券金融工学研究センターが計算して指数化しており、この数字を基準のものとして、ポートフォリオの作成やパフォーマンスの充実などを図るようにしています。
投資家にとって、自分ひとりだけで投資をしなければいけないわけではありません。

投資信託には、ファンドマネージャーと呼ばれる投資のプロが存在します。そのプロに任せておくことで、簡単な方法で投資をしてもらうことができます。
資産運用は想像以上に苛酷であり、どうにかしなくてはいけないものです。

そのファンドマネージャーなどが参考にする指数が、Nomura-BPIという訳です。一般投資家にとってみればあまり馴染みの無い言葉ですが、株式市場で取引をしているだけであれば、この言葉は何の意味も持ちませんので、参考までに覚えておくのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ