パッシブ運用をすることでリスクを減らすことが可能になる

資産運用の方法は人それぞれで、恐らく好みがあって行っている人は少ないのですが、ハイリスクハイリターンを好まない投資家もいるでしょう。そこで、低リスクでローリターンを狙う方法として、TOPIXなどの株価指数を用いる方法があります。これをパッシブ運用と呼び、これに反対する言葉がアクティブ運用です。

後者は、株のひとつひとつの値上がりや値下がりを判断して、運用成績が決められていく方法です。これは、投資信託の商品というところで考えることができます。投資信託としては、こういった方法を用いることはあまり歓迎ではありません。どのような資産運用を望んでいるのかによって、考え方は変わってくるからです。

投資信託は投資家がどんな方法を望んでいるのかによって商品を販売しており、その中にはリスクをあまりかけたくないと考える人はいるでしょう。そうした人でも、気軽に投資をすることができるように手配をしているのです。

パッシブ運用は、まさしくそうしたものであるといえるでしょう。指数であるTOPIXなどは、1日にそこまで値動きが激しくなく、そして全体的な平均になりますから、考えることが簡単であることも挙げられています。

値動きの予想がしやすいという点においては、この方法を検討する人がとても多いのです。普段からあまりこういったことを考えていない人であっても、納得をすることができると概ね好評なので、こうした運用ができることが、投資信託の醍醐味でもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ