バリュー型ファンドを選択することで大きな利益が取れる可能性がある

株は値上がりや値下がりを繰り返しながら、ある方向へ向って進んでいくため、当然、1日の間にも値動きがあります。現在の企業価値や業績を考えると、明らかに割安になっている株があるでしょうが、それらは買えば値下がりされてしまうリスクがあるということで、あまり手出しができないと言われているのです。

そういった商品をどうやって買うか、そのタイミングがとても難しいとされています。
そうした割安の株を積極的に買い、将来的な成長見込みを信じて運用をするタイプを、バリュー型ファンドと呼んでいます。

これはとても難しい資産運用になる関係で、損失が発生する可能性がありますが、成功すれば大きな利益を残すことができるのです。割安というのは、素晴らしいものだと言われています。たとえば、100円で売っているキャベツが、75円に値下がりすれば嬉しいものです。それと株価は同じような考えであると言われています。

そして割安であることを、多くの人が気付いた時に株価というのは大きく上昇します。そこに業績が成長することがプラスされることにより、さらに株価は値上がりしていくのです。75円で買ったキャベツが100円を超えて120円になったら、45円の儲けになります。

その時に膨大な株を売ることで、売買差益を得ることができます。この取引をメインにして、商品を販売するファンドがいるということを覚えておきましょう。
割安だと思って買った株が、実はそこが天井だったという場合も考えられます。そうなってくると、そこからどうやって可能性を考えていくのかが重要になるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ