ポートフォリオを組合わせることでリスクヘッジが可能になる

投資家はリスクを極力抑えて、最大限の効果を期待します。そして、それを実現するには、リスクヘッジを用いる必要があります。1つの商品に資産を全てかけると、あまり良い結果にはなりませんが、それ以外の場所で様々なことをすることにより、それ以上の大きな結果を得ることが可能となるでしょう。

そういう意味で、投資家は投資をする対象を広げる傾向にあり、これは個人だけではなく、投資信託でも同様です。
このように、各種有価証券類のことをポートフォリオと呼んでいます。

ポートフォリオを組み合わせることによりリスクヘッジが実現するのですが、実際にこれをするには莫大な金額が必要になるので、正直最初は上手にはいかないでしょう。そこをどのようにして考慮にいれるかによって、その後の成績というのが変わってくるのです。しかし、難しい問題にも発展することが言われています。

リスクを分散することは可能ですが、それらが全て暴落することも考えられます。すると、大きな損失が発生する可能性があり、かなり大変な騒ぎになると言われています。しかし、そこをどのようにして行動するかによって、今後の動きというものが変わってくるのではないかと言われているのです。

リスクを減らす動きは必ずする必要がありますが、それをしたからと言って安泰という訳ではありません。市場は常に動き続けていますので、そこを自分なりに把握しておかなければいけないのです。そして、それは思った以上に簡単なことではないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ