リスクリターン分類は以前5段階に分かれていた分類方法

投資家は投資をする時に、どこまでの損失を許容することができるのかを最初に考えておかなければなりません。最悪、投じた資産が全て無くなることも考えられますので、全て無くなっても良いようなリスクを冒さなければならないのです。ということは、自然と投資する場所なども変わってくることが言われています。

その多くに言えることは、投資信託で、様々な商品がありますが、利益と損失のバランスをしっかりと考えるのが重要です。
投資信託には種類が多いと記述しましたが、一体何が多いのかというと、それは利益と損失のバランスです。

リスクリターン分類という以前に、投資信託協会によって5段階に分かれていた方法があります。現在はそういったランク付けのようなものはありませんが、投資家からはどこに投資するのが良いのかを示す見本にもなっていたのです。それを参考にして、投資をしたいと考える人は多いものでした。

これはRP1からRP5まで分類され、RR1は安定重視型であり、RR5は積極値上がり益追求型になります。見てもらえば分かるとおり、RR1はローリスクローリターン商品、RR5はハイリスクハイリターン商品です。

これらを組み合わせることにより、自分に合う適切な投資信託を選ぶことが可能になりました。現在は、目論見書でどんな方法を取っているのかを知ることができます。投資家によって運用方法は大きく異なりますので、そこをしっかりと自分の中で許容することができるかどうかが重要でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ