レーティングは投資信託にとっては通信簿のようなもの

資産を投ずる人が投信に資産運用を依頼する時には、どんな商品を選べば良いのか不明に感じる人は多いでしょう。あまりにも利益追求を求めすぎると、資産を大幅に減らしてしまう可能性もあり、損失が膨らんでしまう可能性もあるのです。

かといって、RR1のように安定重視で投資をしていても、思った以上に利益を出すことができません。このアンバランスな内容をしっかりと見極める必要があります。

ただ、それだけを見つめていても何も変化は生じません。実は、投信は運用実績が全てで、たとえ利益追求型を求めても損失ばかりが発生している投信には、誰も運用をお願いしたりはしないです。成績が良い運用会社であれば、どこでも良いと考えるのは至極全うなことです。

そこで格付けを行うようになりました。投信の成績にあわせて、☆を付けるようになったのです。☆が1なら最低、5なら最高です。たったこれだけですが投資家にとってみれば有り難い格付けになります。

この世界ではこれをレーティングと呼んでいます。成績に応じて変わっていきますので、投資家が選ぶ判断基準としては最適になっているのです。RR1やRR5というのは、リスクに関するランクでした。一方のレーティングは、運用成績におけるランク付けですので、どちらを重視するのかは明白です。

成績が悪ければ信用することができません。つまり、依頼をする適切な場所ではないと判断されるでしょう。そうなってくれば、とてもではありませんが投資家として運用を依頼することはできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ