IRは企業が投資家に向けて情報発信をする活動を指す

企業は、銀行からお金を借りて事業を運営することがほとんどです。銀行からお金を借りることができる条件は、一般の人と同じで信用があるかどうかで、それによりお金を貸してくれるかどうかは変わってくるといわれています。この部分を企業は明確にして提出しておかなければ意味はありません。

また、銀行意外にもお金を提供してもらえる方法があります。それは、株を購入することで投資家から資産を投じてもらうことにより、事業を運営することができます。
ということは、投資家から投資をしてもらうことのほうが、利益を出した時に返済するべき金額を実質減らすとができます。

銀行からお金を借りるよりもリスクを減らして経営を続けることができるので、投資家に向けた事業内容の説明や内部の情報などを提供する活動は、企業にとっては必須です。それをIR活動と呼び、よく耳にする言葉だと思いますが、それだけ意味のあるものです。

普段から何気なくIR活動を聞いたり、見たりしているかもしれませんが、企業にとってみれば株主はとても大事な存在です。自社を信用して投資をしてくれている訳ですから、やはり裏切るわけにはいきません。

どんな活動をしているのかをしっかりと確認しておく必要がありますが、ここに書かれていることが全て本当なのかどうかというのは、怪しいところでもあります。

同業他社にとってみれば、もしかしたら有益な情報なのかもしれません。外部に漏らす資料ということになりますので、ある程度隠すべき場所は隠していると考えることが妥当でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ