IPOは企業にとっては期待と不安が入り乱れている状況にある

株式会社にとって、株式を公開するということは、どの程度評価されているのかを知る大きな意味を持つことになるでしょう。

そして今後の運営は、株主の意見などを参考にして経営をしなければならないので、ある意味自由度は奪われる可能性があり、また、企業の情報を逐一報告する義務も発生しますので、社内で不要だった作業が増えたり、人件費が多く発生したりする可能性もあります。

それでも投資家からの資金が入ることになれば、今まで借金をして運営していたものが、実質無借金という状態で運営できるようになります。財務状態を改善する方法として、株式を公開することは重要になってくるのです。

しかし、公開をしたからといってすぐに上手くいくとは限りませんから、普段ではあまり考えられないような情報公開を常にしていき、投資家からの信頼を勝ち得なければなりません。

新規株式公開のことをIPOというのですが、公開してしまえば同業他社から狙われる可能性もあります。大量のものを取得してしまえば、実質的にそれを得た人に操られる状態になり、その株を全て売られてしまったならば、大きな損失に繋がります。大量に保有しているものを一気に保有することで、吸収させることも可能になるのです。

資金を投資家から得る代わりに、様々なリスクが発生することがあります。これをあえて行わない経営者もいるほどですから、株を公開したことが良いということでも無いという考えを持つことはとても大事です。しかし、投資家にとってみればそんなのは関係ないのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ