安定配当を打ち続けることは企業側にもメリットがある

企業は自社の株を買ってもらう為に、あらゆる対策を取ります。IR活動を行うのは当然として、配当や優待制度などインカムゲインの優位性を出すことが求められます。資産を投ずる人は財務状況などを分析して、どの企業に資産を提供することがとても重要なことになるのかを知ることができるのです。

このように、普段はあまり考えることができないポイントも、株に投資する場合には参考にしておかなければなりません。そこで投資家が注目しているのが、安定配当です。これは日本の伝統的な文化とも言える方法で、「中期と期末において1株あたり何円の配当」というように、予め決められているものです。

この水準が高ければ、それだけインカムゲインは増え、そして高い水準であるということは、業績が安定しているということになりますので、投資をする判断材料として良いとされています。ということは、企業側にとってみれば株価が安定し、売買頻度が高いということもなくなりますので、売られすぎ買われすぎという事態を防ぐこともできます。

こうした方法を採用することにより、企業は投資家に「自社の株は安心だ」ということをアピールすることができ、そうすることで安定配当をする大きな意味になり、投資家はそうした情報を大きな意味を持って捉えているのです。

投資はリスクを伴います。キャピタルゲインを収益の主な要素としている部分はありますが、インカムゲインを重視することも検討されている人は多いものです。ここを重点的に考えていかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ