板は株価が提示されている場所であり投資家の戦略場

投資家にとって、情報は何よりも武器になるものです。その日の値動きを示している掲示板のような場所を板と呼ばれていますが、ここからどの程度の情報を読み取ることができるのかで、運用成績は大きく変わってくることが言われています。普段からそのような流れを理解しているのであれば、何も苦労はありません。

現在の状態を理解することにより、その後の流れを理解することが可能となるのです。株価は常に上下に動きながら、ある方向へ向っていくといわれています。その流れを知識として習得し、次に活かすことができるのか、あるいは、逆の立場を取るのかにより、持つべき情報の質が変わることがあります。

投資信託で投資の指図をしているファンドマネージャーや、ヘッジファンドなどのプロは、現在の価格から読み取る情報量が、一般投資家に比べて遥に高いです。
当然経験もあるのでしょうが、それ以上に真剣に取り組んでいると言われています。

この部分は正直なところ、判断するのが難しいかもしれません。板はどんな人に対しても公平であり、絶対的なものです。そのたったひとつの情報からどこまで推測することができるのかが求められています。戦略を練る場所があるから、投資をすることができるのです。

普段何気なくみている投資家もいれば、そこから未来を予測できる投資家もいます。同じ数字でも、そこから読み取るストーリーは全く違うものになっていることもありますので、奥が深いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ