委託売買は基本的な投資行為そのものを指す場合が多い

投資家が一般的に思い浮かべる商品に、株があります。株は企業が発行している証券になりますから、馴染み深く感じる人は多いです。たとえば、いつも使っている調味料を製造販売している企業であれば、「いつも使ってお世話になっているから」という理由で、少額でも資金提供をしてくれる人もいます。

これは企業にとってみれば、さらに改良された調味料を作る資源になりますから、ありがたいものです。このように株に投資をするということは、その企業がさらに成長するのに欠かせない財源になる可能性が高く、国としても企業が成長してくれることは、国力を増大させるのに必要不可欠ですから、とても重要な要素です。

ここを判断材料として誤らなければ、普段どおりの方法で投資の選択をすることが可能となります。投資は、判断をしてから売買を行う必要が出てくるのです。
さて、投資家は企業と直接株券の売買をすることはありませんから、間に仲介業者として証券会社がいます。

証券会社に投資家は売買の委託をして株券を持つことになり、この方式を、委託売買と呼びます。一般的な投資方法となるので知らない間に、さも当然のように行っていることが言われています。この方法をどのようにして取り組むことができるかによって、考え方などは大きく変わってくるでしょう。

委託売買は、投資家にとって馴染み深い方法です。投資行為そのものを指すといっても過言ではないでしょう。あまり気にしていない人もいますが、仲介手数料が発生するので、難しいところでもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ