一般信用取引は借金をして運用をすることを指している

投資家は自分が持っている資産を使って投資をしますが、株の場合は、銘柄によって莫大な資金が必要な場合もあります。周囲の状況やROEなどの財務が良好であり、現在は割安感のある投資商品を購入するのに、資金が足りない場合もあるでしょう。

しかし、明らかに今後株価の値上がりが期待できる場合には、証券会社からお金を借りて、資産運用をすることもでき、これを一般信用取引と呼びます。一般信用取引をした場合には、借りた資金と利子を付けて返済しなければいけません。つまり、銀行からお金を借りて、その後返済するのと感覚的には似ているでしょう。

借入する理由が投資目的にのみ使うことができるのが、信用取引の大きなポイントになります。証券会社と投資家の間での信用が一番重要な要素になり、どれだけの頻度で取引をしてくれているのか、不正などは無いのか、資金力は豊富にあるのかという部分を審査対象にして評価します。

問題がなければ、信用取引をすることができるのです。普段はこうした取り組みに無関心な人は多いのですが、仕組み程度は知っておくことが重要でしょう。中長期的な株価には影響を与えませんが、短期的な株価には一般信用取引の効果はとても大きいものになるからです。

持っていない以上の資金を持つことができるので、株価を変動させるだけの力を保有する可能性が高いのです。

短期的な目線で、明らかに変な動きをしている場合には、この信用取引が関係している場合は多いでしょう。こうしたことから、投資家の間では仕組み程度は理解しておくことが必要だとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ