陰線は投資対象商品の価格が前時間に比べて下落していること

投資は資産運用の手順として用いられますが、この資産運用の手順を間違えるようなことがあると大変です。苦労をすることにもなりかねませんので、しっかりと内容を確認して行う必要があるのです。

運用手順において参考にしておきたいのが、投資対象商品の価格で、チャートと呼ばれる板を使って、投資家は価格の値動きを確認します。ある時間をnとすると、nより以前の時間軸Xにおいて価格のyがnの価格よりも高い位置にあり、nがyと比べると低くなる場合には下落(陰線)と位置づけることができます。

この計算式を用いることで、ある時間nが以前の時間軸に比べて価格がどうなっているのかを調べることができます。そして投資家の心理としては、このチャートで表示してあるグラフに注目しながら取引をしています。何故こういった現象が起きるのでしょうか。

チャートは複雑な動きをしているのですが、ある方向へ向って進んでいます。どこまで価格が下がれば、買い時なのかを判断する必要が投資家にはある訳です。

何も基準となる目安がなければ投資をすることはできませんので、そこで板では、ローソク足というものを用います。とある時間軸の高値と安値を足としてみることにします。そうすると、次の足は前の時間の足にくらべて高いのか安いのかを示すことができます。

これらが組み合わさって、チャートが形成されていくのです。この方法を用いることにより、様々な部分において益を取ることができるようになります。チャートパターンは様々な形があり、それがどの部分に該当しているのかを図ることは難しいとされているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ