受渡日を決めることでいつが良いのかを判断することができる

株をしている場合には、受渡日は基本的に3営業日後になり、これは、買い注文でも売り注文でも基本的に同じだけ時間が必要です。普段何気なく取引している売買では、3営業日後に正式な配当などを得ることができるようになります。

個人投資家が気をつけなければいけないのが、このタイムラグで、実際にキャピタルゲインを得ようと思った場合でも、すぐに株をお金に換金することができません。
受渡日はどの証券会社も同じようなタイミングで行うことが多く、普段はあまり考えることの少ない部分かもしれません。

ただし、資産を投じているだけに換金がすぐにできないということだけでも、念頭におくことは重要でしょう。普段はあまりこういったたぐいのことをしていないだけに、いざというタイミングでしくじってしまう可能性も、多いに考えられるからです。

普段どおりの方法をしていたとしても、決してタイミングやサポートがよく反発するとは限りませんので、そこのところを明確にしておく必要があります。普段通りの方法を自分の中で十分に発揮することにより、普段では感じることのできないタイミングや方法を知ることができるようになるのです。

これは考えることがとても大事であることを示しているので、自分の中で考えていけるようにしておかなければいけません。
受渡日に注意をしておくことで、受取のタイミングを逃すことはなく、普段どおり、いつも通りの方法で行うことができれば、何も変な意味を持つことはないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ