売り越し/買い越しは投資信託などがある一定期間で売買した差をいう

信用取引という言葉をご存知でしょうか。これは証券会社などからお金を借りることにより、運用をする方法を指します。実はこの方法はあまりにもリスクが高いので、行う投資家は少ないですが、明らかに割安感があり、値上がりが期待できる商品に関しては、信用取引をしてでも売買をしたいと考える人もいます。

こうしたことから、信用取引は一定の場合においては良いと感じる人は多いです。
しかし信用取引をする場合には、カラ売りが出来てしまう点には注意が必要です。長期的な価格にはあまり影響をしませんが、短期的な価格の乱高下を招く原因にもなり、金融庁でも監視の目が鋭い行為になります。

買う量よりも売る量が多い、またはその逆のことを売り越し/買い越しと呼んでいます。これは個人投資家が行う場合には上記のように、信用取引等で、売り株よりも買い株のほうが多ければ、買い越しになりますし、その反対ならば売り越しです。

また、投資信託などの機関投資家が1日や1ヶ月さらには1年という期間の間に買った枚数より、売った枚数のほうが多い、あるいはその逆ならば、売り越し/買い越しということを指す場合もあります。

個人投資家が行う信用取引の場合と、投資信託の運用方法による場合では、少し意味合いが異なりますので、注意しなければいけません。一般投資家で、あまり資金を持っていない場合には、この考えはそこまで深く感じることのほどでもないでしょうし、この部分をそこまで感じる必要がないのです。この流れを理解しておくことで、価格をある程度は想像できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ