買建てはある投資先商品を購入することを意味する言葉

投資をする場合の基本的な考えとしては、安く買って高く売ることです。この売買差益を狙うのが投資の仕組みとなり、普段からこの部分を真剣に考えているのならば、当然のことですから気にすることはありません。自分の資産だということをしっかりと考えることができるのであれば、何も苦労はしないのです。

ところが、その部分があまりにも曖昧だった場合には、当然のことながら、損失が出る可能性が高いといわざるを得ません。
それではせっかくの資産が意味を持たなくなりますし、水の泡になってしまう可能性があるのです。

普段からこの部分においてしっかりとした考えを持っているのであれば、何も考えることはないでしょう。しかし、安く買って高く売るという基本的な部分を持っていないのであれば、まずは買建てについて考える必要があります。買いポジションを保有し、売りを取ることでキャピタルゲインを獲得するのが基本的なスタイルです。

買建ては投資家にとって基本的な部分になるのですが、このタイミングとなると難しいものがあります。どのタイミングで買うと、それが割安になるのかというのはその時点では誰にも分かりません。結果的に、先ほどの場所が安値だったということになるのです。

完全を求めた時点で、投資は失敗に終わります。いかに自分にとって目立つような方法で投資をすることができるのかが、重要になるのです。これは考えるだけでも難しいものでしょう。だからこそ、ワケが分からなくなる前に失敗をしない仕組みづくりが求められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ