買戻しができるのが信用取引における最大の魅力

株式投資をする場合には、基本的に安く買って高く売るというのが一般的です。ところが、信用取引をする場合には、高値から売りで入り、その後買い戻すことで売買差益を得ることが可能となり、買戻しと呼びます。なぜ信用取引の場合は、逆から入ることが可能なのでしょうか。

実は、信用取引は通常とは違い、資金を証券会社等から借入することにより取引をすることができます。他者から株を借りて、それを売り、そして改めて安くなったら買戻しをします。これはカラ売りとも言われている手法であり、株価が短期間で大幅に動く原因になるということから、度々注目されている方法になります。

普段はこうした仕組みを理解していない投資家は、いきなりの価格変動に驚きを隠せない人が多いものです。というのも、こうした仕組みを理解しておかないと何も始まりません。投資家は、資産運用を目的として投資をしていますので、損失を出すことは望んではいないです。

ところが、投資をしてみると、しっかりと勉強をしているハズなのに理不尽な動きをすることがあります。チャートパターンを見ても買いのシグナルが出ていても、予想に反して値下がりをする場合があります。未来を完全に予測することはできないので、仕方がないのですがその背景にはカラ売りというものがあるのです。

そこを知っておくと、日頃の投資が滞りなく進むことが可能となります。あまりにも難しい問題だと感じている場合には、そうした仕組みをしっかりと考えておくことが何よりも重要なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ