貸株超過になった場合には日々管理されることになる

資産商品は、高い買い物になります。投資家にとって、株は普段から馴染みのある投資商品になりますので、多くの人が参加していることでも知られています。ところが、これは企業によっては数百万円単位からでないと買うことができないものもあります。

そうした値段の高い商品は1日の取引量が活発ですので、大きな利益を得ることが可能です。これは想像以上に大変なことでもありますので、実際にはもっと価格が低いもので取引していう投資家が多いです。

投資家は、信用取引を証券金融会社などを通じて行うことができます。これは消費者金融のようにお金を借りて、利子をつけて返すというものと少し似ています。お金ではなくてこの場合は、株を借りて、お金を利子をつけて返すというのがその仕組みになります。

相手を信用して先に商品を渡すというものです。何も無いところから発生するので、当然売りから入ることもでき、そこで利益がでたならば儲けものという訳です。
何も無いところから売りで入ることができる関係で、銘柄によってはこれ以上買う物が無いというところまで発展する可能性もあります。

そうした銘柄は、貸株超過として別枠で管理されます。こうなると、投資家は投資をすることを自粛していかなければなりません。また証券金融会社では、貸株超過株数の公表を日々行っているので、安心して取り組むことも可能となっているのです。

普段からこうしたことをしっかりと取り組んでいれば、何も苦労をすることはないでしょう。しかし、未来は誰にも予測できるものではありませんから、その後しっかりと対応をしていく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ