貸株超過銘柄は管理をして日々公表される役割を持つ

貸株超過銘柄になった場合には、機関投資家から不足分を調達することになります。信用取引をしている関係上、買えなくなったという事態は信用問題にかかわりますので、できる話ではありません。売りから入りたい投資家のことを考えれば、何が何でもその株を手に入れる必要があります。

ところが、あまりにも買いよりも売りが多くなってくると、今度は買うことができなくなる可能性もありますし、売ることが困難になるでしょう。
そうなると、さらに信用取引をしている意味がなくなり、借りた株は利子をつけて返済しなければいけません。

運用が出来ないのであれば借り損をしてしまうため、証券金融会社は、貸株超過銘柄になった場合には、速やかに各証券会社に伝達します。どれが該当するものなのかを把握することができれば、無駄な投資をする必要が無くなるからです。そして自粛を求めなければなりません。

超過銘柄に指定された場合には、注意喚起として、証券金融会社から日々の株数などが公開されることになります。それを見て、取引をするべきか控えるべきかを判断することになるのです。普段からこのような方法を実践している人は、多くはありません。だからこそ、仕組みを十分に理解しておく必要があります。

これはそこまで頻繁に発生するものではありません。信用取引をしている人でも、あまり把握できていない人もいることでしょう。だからこそ、十分に理解しておく必要があるのです。そうすれば、銘柄はいくらでもありますので、ここを避けることも可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ