貸株料は空売りした場合に発生する金利手数料のこと

信用取引は、証券金融会社から株を借りて取引をすることです。売りから入ることができるので、不況など経済がピンチの時にも利益を出すことができますし、短期間での株価に大きな影響を与える可能性がありますから、時おり議論になることがあります。

この信用取引ですが、株価に大きな影響を与えるまでに成長しており、動向は常に注目されているものです。信用という言葉通り、株を投資家に貸付をすることになります。一般的な融資に似た形を取り、つまり利子をつけて返済してもらう目的で株を貸しているのです。

その利子により証券金融会社は利益を得ることになりますので、こうして信用取引は活発化されていきました。通常は売りで入るために、取引をすることが圧倒的に多いです。これを「空売り」と呼んでいます。何も無いのに売るから、この名前が付きました。返済する金利のことを貸株料と呼んでいます。

信用取引において買いから入る場合と、売りから入る場合では手数料が変わります。証券会社によって設定は変わるのですが、ここを知らないと後々大変なことになります。金利手数料は当然、投資家負担になりますが、売ることにより、投資家は利益を得るはずです。

借りた資産よりも売った資産のほうが多いということも考えられます。そうなると、得た利益から利子をつけて返済しなければなりません。儲けは少ないかもしれませんが、何もないところから始めることができるので、大きな意味を持つことになります。高く売り、安く買う。これができるのが信用取引の醍醐味です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ