株式分割を行うことで株価を下げることができ投資環境を改善できる

株券は、企業により価格が大きく異なります。1株単位もあれば1000株単位からしか購入できないケースもあり、1つ200円で1万単位であれば、単純に200万円なければその企業の商品を購入することはできません。投資家にある程度の資金がある人でしか、投資することができないのです。

これでは少し不安に感じる人もいるでしょうし、投資をしたいけどあまりにも金額が高すぎて難しいと感じる投資家もいるでしょう。
そこで、株式分割という手段が行われるようになりました。これは1を10に分割することができるというものです。

商品を増やすことにより、売買が活発になることが期待されます。1株が10株に分割されるということは、投資家が持っている資産が10倍になるかといえばそうではありません。資産価値は分割前後でイコールになるように計算されています。

ただし、一株あたりの配当を据え置いたままであれば、インカムゲインは10倍になる計算になります。なぜ株式分割をする必要があるのでしょうか。一番の理由は、投資家の裾野を広げる意味があります。冒頭に記述したように、莫大な資金が必要な券は存在します。

200万円ないと買うことが出来ない券が、20万円で買えるようになれば、より売買が活発になることが考えられます。こうした仕組みを利用することにより、株価が上がるように考えて経営者が分割をするかどうかを決めています。

一番行われるのがベンチャー企業です。まだ知名度がなく、投機目的での投資が多く発生する可能性があります。そこで株主の権限を維持する目的で株式分割を行います。自然と値上がりすることが予想されるので、使われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ