株主割当増資は新規株を発行するときに用いられる方法

企業は、株を発行して投資家から資金を調達します。業績が好調などの理由で、その企業のを買いたいと考える人が多くなってきた場合に、枚数が足りない事態に発展する可能性があります。こうなると、需要と供給のバランスが崩れるので、値上がりが予想されます。

すると、投資家の中でも限られた人しか買うことができないことになるので、高止まりする可能性もありますし、流動性が低下する可能性も考えられます。
そこで、枚数を増やす発行を行うことがあります。これをする時には、新しい株をどういった人に渡すことで増資を実現させるか方法がいくつかあります。

その中のひとつが株主割当増資です。これは、現段階で持っている人にに、時価総額よりも低いお得な値段で、その商品を買える権利を渡すものです。該当者は権利を放棄しても良いですし、さらに買うこともできます。
当然、資産を投ずる人にとってはメリットが多い結果になります。

公開される価格よりも低めに設定されているので、増益を得ることはほぼ確定しています。お得な情報を、いつもお世話になっている投資家にコッソリ教えるような方法になります。選ばれた投資家は、とても嬉しい気持ちになり、快く投資をさらにしてくれます。企業側はまさにコレが狙いであり、比較的確実に増資をすることができる方法なのです。

新規株を発行する場合には多くが、株主割当増資を利用することになります。それ以外には一般に広く買ってくれる人を募る「公募増資」などもあります。様々な方法で企業は増資を考えているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ