空売りは信用取引におけるメインテーマのようなもの

信用取引を行う投資家は、増えてきています。お金を借りるような感覚で、株を借りることにより、いきなり売りから入ることができるし、売った場合には当然同じものをまた買わなければなりません。借りているので買うことにより、利益を確定することができるからです。

この売買方法を「空売り」と呼んでいます。何も無いところから売るので、こう呼ばれているのです。たまに議論になることもあります。中長期的な株価の流れにはそこまで影響を与えるものではありませんが、短気目線の株価を大きく乱高下させる可能性があるからです。

特にストップロスまで下げるようなときには、こうした空売りが大きく影響を与えている可能性が高いことも言われています。信用取引におけるしっかりとした方法になりますので、違法ではありません。企業側も利子というかたちで利益を得ているので、強くは言えないのです。

しかし、あまりにも頻繁に行われると本来ある株が足りなくなる恐れもあります。貸付ができる株数に及ばないときです。このときは、信用取引をされても貸付できるものがないので、取引をすることができません。

こうした情報は毎日証券金融会社から公表されていますので、信用取引をメインとしている投資家は、そうした情報をチェックする必要があるのです。普段からこうしたことを考える人は少ないでしょう。

だからこそ、信用取引は慎重にする必要があります。通常は安く買い、高く売るというのがセオリーなので、その真逆を行う方法になりますから、議論されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ