規制措置を設けることで売買の過熱を防止することができる

日本で最大の証券取引所は東京証券取引所で、ニューヨーク証券取引所に次いで世界第2位の規模を誇ります。東証一部に上場する企業は、世間からある程度信頼される場合が多いため、企業にとっては目標とする場所として注目しているのです。

投資家にとっても、せっかく自分の資産を投資するのであれば優良企業にしたいと考えています。その結果株価が値上がりすることになれば、嬉しい限りでしょう。
東証などの証券取引所に上場することは、企業にとって信頼を勝ち得てきた何よりの証拠になり、同時に投資家にも注目されています。

その理由は、初値が割安になる可能性が高いからです。そして上場したての企業というのは株価が安定しません。乱高下を繰り返す性質があるので、投機をする人にはカモにされやすい株になります。そういった売買の過熱というものが度々起こっているのです。

そこで東京証券取引所では、市場における有価証券の売買の過熱を防止するために、規制措置を取る場合があります。これは、新規上場銘柄の買い付けにおいては、即日現金で徴収するもの以外は認めないというものです。最近はインターネットを通じてどこからでも取引できます。

取引対象を狭き門にして、価格の乱高下などを防ぐことが狙いです。
これは東証が行える措置として認可されています。規制措置対象になった銘柄については、加熱売買の防止という意味において重要視され、これにより、市場の加熱を防ぐことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ