規制銘柄は信用取引で投機が暗躍したときに発動される

投資には信用取引というものがあります。証券金融会社から融資として株を受け取り、それを使って売買をするというものです。通常は何も持っていない状態ですから、株を買うという行為しかできません。ところが、信用取引では融資を受けるので、いきなり株を持っている状態からスタートできるのです。

売りからでも入ることができるので、株価が急落している時にはさらに拍車がかかる可能性があるでしょう。そこで証券取引所では、投機筋の信用取引により売買が過熱するときには、一定の基準を設けて売買の過熱を防止する仕組みが存在し、これを規制銘柄と呼びます。

規制銘柄に入った商品については、新規取引の制限や停止などの措置を取ることができます。これにより、価格の乱高下を防ぐのが狙いです。このポジションに入った銘柄については、証券会社を通じて投資家へ伝達が来る仕組みになります。

そのため自粛をしなければなりません。しかし残念なことに、規制銘柄に指定されたということを知られてしまうのは、資金力の強化などをする見込みがあるとされ、公表すればそれが売買の材料にされる可能性があります。取引ではなく、普通の場合での売買対象になるのです。

すると結局は価格がさらに大きく変化する可能性があるのです。
どちらに転んでも、株価の変化を止めることはできません。ただし、一時的な株価への影響は大きなものがあるので、新規取引の停止などをする処分を下すことがあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ