逆日歩は信用取引での負担になる可能性があるので考慮に入れるべき

投資家は資産運用を目的として投資をしています。わざわざ資産を減らす目的で市場に参加している訳ではありません。そのため、利益を得るのを優先した投資をすることになります。信用取引は、まさに投資家の心理を上手に突いている方法であると言われています。

この信用取引は証券金融会社からの融資によって行われていますが、難しいところは、有限の株を使っているという点です。
取引対象の株数が足りないという事態に発展した時に困ってしまうでしょう。なぜならば、これ以上売り建てが発生したとしても、売買できなくなるからです。

売り注文があるのに売ることができないということは、逆に買い注文が増えるでしょう。また、売り建てが増えすぎると、機関投資家から株を借りることになります。その手数料は当然投資家が支払うものです。

この手数料のことを、逆日歩と呼んでいます。これは1日あたりの値段によって左右されるので、投資家にとったらバカにならない数字です。1日の手数料だけで結構な金額を取られるので、信用取引をする場合には項目このを必ず確認しておかねばなりません。

逆日歩は日常茶飯事に発生しているものですが、自分が投資したいものに該当する可能性はそこまで高いものではありません。

そうした関係で、投資家にとってあまり関係ないという概念を抱きやすいとも言われています。決してそのようなものではなく、普段以上にこの部分に関しては気をつけて取り組まないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ