旧株は株式分割などで新しく発行された株よりも以前のもの

企業は株主から資金を調達することで、銀行からお金を借りる量を減らしながら、事業を続けられるでしょう。投資家から企業への人気が高い場合には、発行株数が足りなくなるといったケースが考えられます。そういった場合には、新株発行をします。あるいは、株式分割を行い、実質的な株数を増やすことが検討されるでしょう。

その時に新しく発行された株と区別するという意味で、旧株というものがあります。
「旧」と付けられていますが、制限が設けられているという類のものではありません。普段通りに売買できます。唯一の違いは、配当日が新株とは若干変わる程度です。それ以外には特別違うことはありません。

すでに発行された株を指しているだけで、明確な仕組みというものは存在しません。そもそも投資家としてはこの部分をあまり気にしていないというのが現状です。
これは、区別をするために名付けられているだけであり、上記のように株が持つ能力にはさほど影響がありません。

そうしたことを考えてみると、投資家にとってはこの違いは名前が違うだけで意味がないのです。長期的に保有することを運用スタイルにしている投資家や投資信託にとってみれば、配当日が若干変わることに関して多少なりとも関係性があるかもしれません。

投資家は資産運用を目的として株売買をしています。そして、企業は投資家からの資金調達をする目的で株を発行しています。利害が一致しているからこそ、新規株数が発行されるようなことが起こりえるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ