新株を発行すると投資効果を高めることが可能となる

投資家は株を購入することで資産運用を狙っています。安く買い、高く売る、このキャピタルゲインを狙うのが、投資における王道の方法になります。株は当然ながら有限です。企業が一定の数を決めて発行しているからです。この枚数が多ければ多いほど、敵対的な売買をされる可能性があります。

ですが、その一方で多くの投資家から資金を得ることが可能となるので、必ずしもデメリットだけではありません。企業が成長し投資をしてくれる人の増加が期待された時や、吸収合併の時などには株数を増やすことが検討されます。その際に追加で増やされた株を新株と呼んでいます。

旧株と区別されてはいますが、これは投資家にお得感を出させるための演出に過ぎません。旧と新で何か変わるのかといえば、何も変わらないのです。配当という面においては少し変化があるものの、その程度でしかありません。

インカムゲイン目当てで投資をしている人は少ないでしょう。だから大部分の投資家にとってみれば、新も旧も何も変わらないので、区別する意味を特に意識はしていません。大事なのは、安く買った株が高く売れることです。それ以外にあまり興味を示している訳ではないのです。

企業が会計をする際にどの程度新規で株を発行し、どれほど流通したのかを確かめる等に利用されています。投資家は、新規に株を発行する企業をチェックする場合が多いです。何かしらプラスの要因がある関係で増やすことが多いからです。投資家にとって投資をする銘柄の候補になる可能性は高いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ